bitcasino
Menu

トロン仮想通貨を使ったベッティング

人々は、仮想通貨資産でできるいくつかの用途を発見しています。購入や投資だけでなく、仮想通貨は賭け事にも使えることが分かってきました。仮想通貨を使えば、自分の運を試し、見返りに何かを勝ち取るという楽しみを味わうことができるのです。

仮想通貨は、賭けを含む日常的な取引に利用されるようになり、長い道のりを歩んできました。インターネットをスクロールすると、これらのデジタル資産を合法的な入札として受け入れているサイトがいくつかあることが分かります。ほとんどのサイトはビットコインを受け入れていますが、トロンのような他の暗号コインも受け入れ始めています。

ここでは、トロンについて、またトロン仮想通貨を使ったオンラインベッティングの方法について説明します。 

トロンとは?

トロンは、2017年にリリースされた分散型プラットフォームです。トロンの現CEOであるジャスティン・サン氏は、ブロックチェーンとピアツーピア(P2P)ネットワーク技術として、2017年にシンガポールでこの仮想通貨を設立しました。他の仮想通貨と同様に、トロンは取引処理を円滑に行うネットワークとしての地位を確立することを目指しました。

トロンはかつてアジア諸国でのみ利用可能でしたが、その後人気が高まり、2021年時点で5000万以上のアカウントがあります。また、トロンは独自のネイティブトークン「トロニクス」を持っており、TRXというティッカーネームで取引されています。これは、単純にイーサリアム(ETH)やビットコイン(BTC)といった人気のある仮想通貨と交換するために使用できるため、消費者を魅了しました。

トロンは、デジタルコンテンツの共有をより手頃なものにするために、7000万ドルのイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を行った成果です。また、コンテンツプロバイダーは、TRXで購入を希望する人に自分の作品やアプリケーションを販売することができます。  

トロンでの入金方法は? 

ベットをする前に、アカウントに十分なクレジットがあることを確認し、好きなだけベットできるようにする必要があります。そのためには、TRXをアカウントに正しく入金する方法を学ばなければなりません。まだ試していない人のために、トロンの入金に必要な簡単な手順を説明します。 

  • 取引所からTRXを購入する → まず、TRXが十分にあることを確認します。そのためには、まず信頼できる仮想通貨取引所プラットフォームからTRXを購入し、デビットカードやクレジットカード、銀行振り込み、電子ウォレットなどで受け渡す必要があります。 
  • ウォレットに移す → TRXを買ったら、ウォレットアドレスを正しく入力してウォレットに移します。TRXの送金には手数料がかかる場合が多いですが、ごくわずかです。 
  • 決済に進む→ ウォレットに資金が入ったら、ビットカジノにログインします。ビットカジノはTRXを受け入れているので、プレイヤーはTRXのロゴをクリックし、ウォレットとリンクさせることで簡単に入金を行うことができます。 

トロンの出金方法は? 

TRXの入金方法はもちろんですが、口座からの出金方法についても理解しておく必要があります。以下は、口座からの出金に必要な簡単な手順です。 

  • ウォレットに移す → アカウントから出金オプションをクリックし、ウォレットアドレスを入力することで、スムーズに賞金を送金することができます。 
  • キャッシュアウト→ 賞金がアカウントに入金されているか確認します。その後TRXをアカウントに残すか、現金で出金するかを選択します。 

トロンでベットするメリット 

トロンを使ってベットすることを考えるとき、プレイヤーはどんな利点があるのだろうと考えます。まだこの仮想通貨でベットしたことがない方のために、この仮想通貨を使用することで最も好まれる利点をいくつかご紹介します。 

  • 匿名性 → トロンは匿名でベットできることが大きな特徴です。ビットカジノでは、個人情報を開示する必要がないため、個人情報の保護が保証されています。 
  • 安全性 → トロンが提携しているカジノやブックオフはすべてプロのライセンスを取得しているため、資産の安全性を心配するプレイヤーでも問題なく利用できます。ただし、トロンの安全性をより確実にするために、利用するサイトのライセンスを確認することをお勧めします。 
  • 簡単な取引 → トロンはイーサリアムのライバルとして、より速く、より安い取引をユーザーに約束します。そのため、短時間で効率的に取引が完了するため、プレイヤーは取引完了まで長く待つ必要がありません。

トロンの特徴 

まだそれほど馴染みのない方のために、ユーザーから人気を集めている要素をご紹介します。 

  • データの自由度 → トロンは、ユーザーがネットワーク上でdAppsを作成し、その見返りとしていくらかのトークンを受け取ることができます。つまり、仲介者の力を借りることなく、簡単に機能する独自のアプリケーションを運営することができるのです。 
  • ウォレットサポート → もう一つのトロンの強みは、ハード、コールドを問わず、様々なウォレットで広く受け入れられていることです。これにより、ユーザーは自分が最も使いやすいウォレットを自由に選択することができます。
  • プルーフ・オブ・ステーク・コンセンサス → トロンは、イーサリアムと同様にスマートコントラクトで運用されており、ハードウェアの必要性が低いため、よりユーザーフレンドリーです。そのため、ユーザーはトロンを使用することで、プルーフ・オブ・ワーク・コンセンサスを使用する他の仮想通貨を使用するユーザーと比較して、より少ないエネルギーを消費することが保証されています。 

これらは、トロン仮想通貨を使ったオンラインベットの方法を知りたい人が知っておかなければならない事実です。トロンとは何か、ベッティングに適した資産であることを明確に理解することで、プレイヤーはトロンに興味を持ち、この暗号を使用する別の方法を見つけることができるようになるのです。

Cashaback
chevron-downcross-circletext-align-center