bitcasino
Menu

クラップスのベッティングオプション:クラップアウトをしない方法

テーブルカードゲームではディーラーや他のプレイヤーに勝つまでに時間がかかり、スロットゲームでは複数のボーナスラウンドが用意されているため、カジノのダイスゲームはシンプルでスピーディーなゲーム性が高く評価されています。しかし、このような利点は、ダイスゲームで損失が多発する要因にもなっています。ダイスゲームは比較的規模が小さいにもかかわらず、多くのギャンブラーに愛されると同時に恐れられています。

負けが多いといっても、賭け方やテーブルの知識をしっかり身につければ、負けを防ぐことができます。あなたのスキルを試してみませんか?ダイスゲームの王様であるクラップスに挑戦してみましょう。目的は簡単です。サイコロを振って出た目のペア、または連続して出た目の結果(金額)に賭けるのです。当たれば勝ちですが、外れれば負けです。 

クラップスベットオプション

以下は、クラップスのベットの中でも特に人気のある5つのタイプです。それらを覚えてビットカジノに持ち込む前に、常に2番、3番、12番はダメで、クラップアウトの原因になることを頭に入れておきましょう。 

  1. パスラインベット
  • ロールタイプ:マルチロール
  • ハウスエッジ:1.41%
  • ペイアウトオッズ:1:1 (イーブンマネー)

シューターが勝つか、ナチュラル(カムアウトロールでサイコロの目が7か11)になるかに賭けます。サイコロが他の数字(2、3、12を除く)に当たった場合は、シューターがポイント数字か7で終わるまでベットは有効です。

  1. ドントパスラインベット
  • ロールタイプ:マルチロール
  • ハウスエッジ:1.36%
  • ペイアウトオッズ:1:1 (イーブンマネー)

これは、最初のベットとは逆です。ナチュラルに賭けるのではなく、シューターが空振りするか、2か3のどちらかに賭けるのです。

  1. フィールドベット
  • ロールタイプ:シングルロール
  • ハウスエッジ:5.5% 
  • ペイアウトオッズ:ナンバーズ2と12では2:1およびその他は1:1

「セルフサービス」とも呼ばれ、次のロールで「2」「3」「4」「9」「10」「11」「12」のいずれかの数字が表示されることに賭けます。

  1. エニークラップスベット
  • ロールタイプ:シングルロール
  • ハウスエッジ: 11.11%
  • ペイアウトオッズ:7:1

「ドントパスラインベット」や「フィールドベット」と同様に、シューターの次のロールがクラップスのいずれかの数字になることを賭けます。

  1. ビッグシックス、ビッグエイト
  • ロールタイプ:マルチロール
  • ハウスエッジ:9%
  • ペイアウトオッズ:1:1 (イーブンマネー)

このベッティングタイプは、ゲームのどの時点でも置くことができますが、すでにポイント数がある場合に限ります。サイコロが7より先に6から8のいずれかの数字に当たることに賭けます。  

ライブカジノのクラップステーブルのエチケット

ランドベースのカジノでのクラップスのプレイは、一般的に騒々しくて楽しいものです。ベッターとシューターは、ロールのたびにハイタッチを交わします。いくつかの「ヤフー」はスクリーン間でしかできませんが、ランドベースのクラップスにもオンラインのクラップスにも、テーブルに溶け込むために守るべきエチケットルールがあります。ここでは、ビットカジノでプレイする際に適用するクラップスのエチケットをいくつかご紹介します。

  • ディーラーの指示に従う
  • 正しいときに参加する。 
  • ベットを時間内に行う。カジノでは「時は金なり」であることを覚えておいてください。
  • 不快な発言(例:損失をディーラーのせいにする)をするためにチャットボックスを使わない。
Cashaback
chevron-downcross-circletext-align-center