トロン入門:知っておきたい基礎知識

暗号通貨の継続的な人気に伴い、市場にはたくさんのコインが導入されています。「暗号通貨」と言えば、まず頭に浮かぶのがビットコイン(BTC)であることは否定できません。さて、暗号市場には4,000以上のコインがありますが、トロンを試してみませんか?

トロンは基本的に、ジャスティン・サンが開発した分散型の暗号通貨プラットフォームです。また、当初はイーサリアムのネットワーク上でリリースされ、ユニークなデジタルエンターテインメントのエコシステムを構築していました。

トロンがBitcasinoで使用される通常の暗号通貨と異なるのは、コンテンツを共有するプラットフォームであり、コンテンツを共有したり作成したりすることでTronが報酬として支払われることです。その収益化システムは、第三者や中間業者を必要としません。

トロンを使用するメリットをご紹介します。

手数料なし・迅速な取引

トロンの最大の特徴は、取引が速いことです。これは、ネットワークが1秒間に最大2,000件の取引をサポートできるためです。また、取引を完了するために何かを支払う必要もありません。

dAppsの作成

このプラットフォームでは、非中央集権的なアプリ(dApps)を簡単に作ることができます。実際のところ、コンテンツを作成すると報酬が得られます。簡単に言うと、すべてのクリエイターに報酬が支払われます。

匿名での利用

トロンの取引はすべて匿名です。ただし、ネットワーク自体で使用することを確認する必要があります。一部の取引所でトロンを使用すると、身元を証明する必要がある場合があるからです。また、すべての取引がブロックチェーンに記録されていることにも留意してください。これは、すべての取引が、あなたの個人情報を隠して掲載される公開台帳です。

セキュリティ

トロンはすでに暗号の世界で安全な評判を確立しているので、安全性について心配する必要はありません。他の暗号通貨と同様に、トロンは分散型です。これは簡単に言うと、政府や中央当局があなたの取引をコントロールできないということです。

トロンの唯一の欠点は、マイニングができないことです。その代わり、既存のトークンをステークすることでトークンを獲得することができます。これは、他の取引を検証するためでもあります。

トロンのウォレットであれば、簡単にコインを保管することができます。そのいくつかをご紹介します。

  • Trezor (ハードウェアウォレット)
  • Guarda (デスクトップウォレット)
  • TRONSCAN (ホットウォレット)
  • Atomic Wallet (デスクトップウォレット)

あまり知られていないかもしれませんが、トロンはSamsung、oBike、Baofeng、Baiduなどの企業ともパートナーシップを結んでいます。また、さらに多くの企業との提携を計画しているという噂もあります。

では、投資する価値はあるのでしょうか?コンテンツ制作者やオンラインプラットフォームを頻繁に利用する方であれば、間違いなくそうでしょう。ビットカジノで使われている他のコインと比べても、それほど高価ではないのも嬉しいポイントです。

何を待っているのですか?時間をかけてトロンについて学び、いくつかの資金を投資してください。誰が知っていますか?あなたは次の暗号ミリオネアになるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です