bitcasino
Menu

2022年の仮想通貨:トップ6のトレンドで市場を迎え撃つ

2009年にビットコイン(BTC)が決済システムに革命を起こして以来、その後登場した何千もの仮想通貨が世界の金融に大きな影響を及ぼしています。過去10年間に起こった無数の出来事やトレンドの中で、2021年は間違いなく業界の歴史上最も重大な年です。

2021年は、BTCの貴重な成長率が60%、イーサ(ETH)が400%以上、バイナンスコイン(BNB)が最大1,300%増加しました。これらの、そして成功と人気に達したより多くの特定のトークンは、グローバル金融において最も期待されている現象の1つ、すなわち暗号産業がついに主流となったという結果をもたらしました。

デジタル通貨は、機関投資家、大企業、著名人(イーロン・マスク、エミネム、マーク・キューバンなど)、さらには政府(エルサルバドルがBTCを法定通貨に採用)からも広く受け入れられました。これらのポジティブな兆候は業界を驚かせたので、2022年も同じように波に乗ることができるでしょうか?ここビットカジノでコミュニティのために何があるかを見つけてください。

  1. 2022年に投資すべき人気のデジタル通貨

投資は仮想通貨から利益を得る最も確実な方法の1つであり、成功するための保証された戦略の1つは、多様な仮想通貨のポートフォリオを持つことです。伝統的な投資家が株式や株で行うのと同じように、仮想通貨ユーザーは複数のデジタル通貨に投資を分散する必要があります。こうすることで、資産の1つが価値を失った場合でも、あまり妥協することはありません。ここで朗報なのは、市場で流通している6,000以上のデジタル通貨から選択できることです。

ビットコインは、コイン価値と時価総額の点で市場をリードしているので、間違いなく、しばしば一番の選択肢となります。しかし、必ずしもビットコインを優先して投資する必要はありません。なぜなら、他にも多くのエキサイティングな新しい仮想通貨プロジェクトが人気を集めており、有益な投資機会を提供してくれる可能性があるからです。ここでは、2022年に検討すべき12の注目すべき例を紹介します。 

  • イーサ (ETH) → スマートコントラクトに注目した場合の第一候補
  • ディセントラランド (LAND) → メタバースを探求するなら手頃な選択肢
  • ラッキーブロック (LBLOCK) → 受動的な収入源を得るには全体的に素晴らしい選択肢
  • ドージコイン (DOGE)シバイヌ (SHIB) → 仮想通貨の「ミームコイン」として最高
  • カーブ (CRV) → DeFi (分散型金融)を理解したいなら、最も人気のある暗号の選択肢
  • ステラ (XLM) → 仮想通貨決済ネットワークにおける最高の選択肢であり、ユーザーは任意の2つの不換紙幣を交換することができる
  • リップル (XRP) → 従来の金融システムを改善するプロジェクトが特徴で、決済ネットワークにおけるもう一つのかなりの選択肢
  • アバランチ (AVAX) → つのブロックチェーンではなく、3つのブロックチェーンを使用する革新的なプラットフォーム
  • ポリゴン (MATIC) → 巨大なスケーラビリティを持ち、イーサリアムネットワークのレイヤー2ソリューションとして機能する、2022年のキープレイヤー
  • バイナンスコイン (BNB) → 受動的な収入源や長期的な利益を生み出すためのデジタル通貨の一つ
  • カルダノ (ADA) → 拡張性の高いネットワークを持つ手ごろなデジタル通貨。イーサリアムの代替としても最適 
  1. DeFiは、より多くの金融包摂と機会を導く

銀行などの仲介業者を介さずに金融商品を実現する新興の金融技術であるDeFiは、2021年に以降数年間での明るい可能性を示しました。様々な参加者が市場に参入し、高度な金融商品が構築されたことで、昨年はかつてないほどの出来高の急増を経験しました。PancakeSwap、Uniswap、SushiSwapといったよく知られたプロトコルは、年換算で1億ドル以上の収益を上げていると報告されています。

現在、仮想通貨の普及が進んでいることから、専門家は、2022年3月までにDeFi契約の合計額が410億ドルに達すると予測しています。つまり、これから大量のDeFi dApps(分散型アプリケーション)が登場することが予想されます。 

  1. 仮想通貨マイニングにおけるESG

環境破壊は、仮想通貨産業における最大の懸念と批判の一つです。なぜなら、成長すればするほど、二酸化炭素排出量で環境はより厳しい状況を経験するからです。デジタル通貨は、複雑な数学的パズルを解くために高出力のコンピュータを使用する「マイニング」と呼ばれるプロセスを通じて生成されます。

仮想通貨のマイニングは革新的に見えますが、その装置はエネルギーを浪費し、地球温暖化の原因となる排出を促します。例えば、ビットコインのマイニングは現在、世界の電力消費量の約0.5%を占めています。これは、スウェーデンの1年間の電力消費量と比較しても高い数値です。

ありがたいことに現在、ほぼすべてのビットコインマイニング企業(Marathon Digital Holdings、Bitfarms、Riot Blockchainなど)は、ESG(環境、社会、企業統治)を投資家への主要テーマとして重視しています。そのようなプロジェクトには、クリーンエネルギー発電施設、クレジットによるカーボンニュートラル、再生可能な太陽光や風力エネルギーの成長などが含まれます。 

  1. NFTゲーム

NFT(ノンファンジブルトークン)は、2021年に総売上高が200億ドルに達するという決定的な出来事がありました。アートや音楽、インターネットのミーム、さらにはゲーム内アイテムなど、現実世界の側面を表現するユニークな暗号資産です。

別のコインや不換紙幣と簡単に交換できるデジタル通貨とは異なり、NFTのユニークなIDは、所有者にその価値への明確な真正性を与えてくれます。言い換えれば、交換や複製が不可能なのです。このトレンドの主要な例として、アーティストBeepleが作った1枚のJPGが、6900万ドルという記録的な価格で販売されたことが挙げられます。

例によって、NFTは、当時のビットコインに対する批評家の考えと同じように、流行であるとみなされています。しかし、このトークンが今後も存在し続けることは間違いありません。不動産、ビデオゲーム、さらにはesportsなど、多くの異なる業界がその貴重な潜在能力を利用しています。このため、専門家は、明るい未来はトークンだけでなく、トークンを販売するマーケットプレイス、特にInfinityとOpenSeaにもあると予測している。 

  1. メタバースの成長

仮想通貨市場とは別に、NFTはメタバースで最も人気があり、最近のキープレイヤーとなっています。これは「メタ」と「ユニバース」のポートマンタオから、いくつかの様々な種類の技術的側面を組み合わせたブロックチェーンを利用した仮想環境のことです。アメリカのメディア王マーク・ザッカーバーグの表現を借りれば、人々が現実の生活で行うのと同じ活動の多くを行うことができる広大な空間です。

信じられないかもしれませんが、メタバースはこの2022年、そして今後を決定づけるテクノロジーの1つになるでしょう。6,000種類以上の資産が流通する仮想通貨市場と比較すると、18億個のトークンの流通で構成されています。2021年12月には438億ドルの市場価値がありましたが、今年の年末にはどの程度まで到達する可能性があると思いますか?引き続き、ビットカジノでは、興味をそそる仮想通貨関連の質問への答えをすべて見つけることができます。 

  1. Web3の登場

DeFi、NFT、メタバースの登場が待ち望まれていたシーンで、今日、Web3のエコシステムが確立されたのです。これは、読み取り専用のウェブと呼ばれるWeb1(静的なウェブサイトや個人サイトなど)に始まり、ユーザー生成コンテンツと使いやすさに焦点を当てたWeb2(つまり、私たちが今日知っており経験しているインターネット版)が続きました。

そして今、ブロックチェーン技術に基づいたワールドワイドウェブの新しい反復のためのアイデアであるWeb3が作られつつあります。言い換えれば、私たちは、人々が自分のデータの完全な所有権を持つ、真に分散化された、トークン・ベースの経済、そしてパーミッション・レスのインターネットを目撃することになるのです。 

2022年の仮想通貨:トップ6のトレンドで市場を迎え撃つ

2009年にビットコイン(BTC)が決済システムに革命を起こして以来、その後登場した何千もの仮想通貨が世界の金融に大きな影響を及ぼしています。過去10年間に起こった無数の出来事やトレンドの中で、2021年は間違いなく業界の歴史上最も重大な年です。

2021年は、BTCの貴重な成長率が60%、イーサ(ETH)が400%以上、バイナンスコイン(BNB)が最大1,300%増加しました。これらの、そして成功と人気に達したより多くの特定のトークンは、グローバル金融において最も期待されている現象の1つ、すなわち暗号産業がついに主流となったという結果をもたらしました。

デジタル通貨は、機関投資家、大企業、著名人(イーロン・マスク、エミネム、マーク・キューバンなど)、さらには政府(エルサルバドルがBTCを法定通貨に採用)からも広く受け入れられました。これらのポジティブな兆候は業界を驚かせたので、2022年も同じように波に乗ることができるでしょうか?ここビットカジノでコミュニティのために何があるかを見つけてください。

  1. 2022年に投資すべき人気のデジタル通貨

投資は仮想通貨から利益を得る最も確実な方法の1つであり、成功するための保証された戦略の1つは、多様な仮想通貨のポートフォリオを持つことです。伝統的な投資家が株式や株で行うのと同じように、仮想通貨ユーザーは複数のデジタル通貨に投資を分散する必要があります。こうすることで、資産の1つが価値を失った場合でも、あまり妥協することはありません。ここで朗報なのは、市場で流通している6,000以上のデジタル通貨から選択できることです。

ビットコインは、コイン価値と時価総額の点で市場をリードしているので、間違いなく、しばしば一番の選択肢となります。しかし、必ずしもビットコインを優先して投資する必要はありません。なぜなら、他にも多くのエキサイティングな新しい仮想通貨プロジェクトが人気を集めており、有益な投資機会を提供してくれる可能性があるからです。ここでは、2022年に検討すべき12の注目すべき例を紹介します。 

  • イーサ (ETH) → スマートコントラクトに注目した場合の第一候補
  • ディセントラランド (LAND) → メタバースを探求するなら手頃な選択肢
  • ラッキーブロック (LBLOCK) → 受動的な収入源を得るには全体的に素晴らしい選択肢
  • ドージコイン (DOGE)シバイヌ (SHIB) → 仮想通貨の「ミームコイン」として最高
  • カーブ (CRV) → DeFi (分散型金融)を理解したいなら、最も人気のある暗号の選択肢
  • ステラ (XLM) → 仮想通貨決済ネットワークにおける最高の選択肢であり、ユーザーは任意の2つの不換紙幣を交換することができる
  • リップル (XRP) → 従来の金融システムを改善するプロジェクトが特徴で、決済ネットワークにおけるもう一つのかなりの選択肢
  • アバランチ (AVAX) → つのブロックチェーンではなく、3つのブロックチェーンを使用する革新的なプラットフォーム
  • ポリゴン (MATIC) → 巨大なスケーラビリティを持ち、イーサリアムネットワークのレイヤー2ソリューションとして機能する、2022年のキープレイヤー
  • バイナンスコイン (BNB) → 受動的な収入源や長期的な利益を生み出すためのデジタル通貨の一つ
  • カルダノ (ADA) → 拡張性の高いネットワークを持つ手ごろなデジタル通貨。イーサリアムの代替としても最適 
  1. DeFiは、より多くの金融包摂と機会を導く

銀行などの仲介業者を介さずに金融商品を実現する新興の金融技術であるDeFiは、2021年に以降数年間での明るい可能性を示しました。様々な参加者が市場に参入し、高度な金融商品が構築されたことで、昨年はかつてないほどの出来高の急増を経験しました。PancakeSwap、Uniswap、SushiSwapといったよく知られたプロトコルは、年換算で1億ドル以上の収益を上げていると報告されています。

現在、仮想通貨の普及が進んでいることから、専門家は、2022年3月までにDeFi契約の合計額が410億ドルに達すると予測しています。つまり、これから大量のDeFi dApps(分散型アプリケーション)が登場することが予想されます。 

  1. 仮想通貨マイニングにおけるESG

環境破壊は、仮想通貨産業における最大の懸念と批判の一つです。なぜなら、成長すればするほど、二酸化炭素排出量で環境はより厳しい状況を経験するからです。デジタル通貨は、複雑な数学的パズルを解くために高出力のコンピュータを使用する「マイニング」と呼ばれるプロセスを通じて生成されます。

仮想通貨のマイニングは革新的に見えますが、その装置はエネルギーを浪費し、地球温暖化の原因となる排出を促します。例えば、ビットコインのマイニングは現在、世界の電力消費量の約0.5%を占めています。これは、スウェーデンの1年間の電力消費量と比較しても高い数値です。

ありがたいことに現在、ほぼすべてのビットコインマイニング企業(Marathon Digital Holdings、Bitfarms、Riot Blockchainなど)は、ESG(環境、社会、企業統治)を投資家への主要テーマとして重視しています。そのようなプロジェクトには、クリーンエネルギー発電施設、クレジットによるカーボンニュートラル、再生可能な太陽光や風力エネルギーの成長などが含まれます。 

  1. NFTゲーム

NFT(ノンファンジブルトークン)は、2021年に総売上高が200億ドルに達するという決定的な出来事がありました。アートや音楽、インターネットのミーム、さらにはゲーム内アイテムなど、現実世界の側面を表現するユニークな暗号資産です。

別のコインや不換紙幣と簡単に交換できるデジタル通貨とは異なり、NFTのユニークなIDは、所有者にその価値への明確な真正性を与えてくれます。言い換えれば、交換や複製が不可能なのです。このトレンドの主要な例として、アーティストBeepleが作った1枚のJPGが、6900万ドルという記録的な価格で販売されたことが挙げられます。

例によって、NFTは、当時のビットコインに対する批評家の考えと同じように、流行であるとみなされています。しかし、このトークンが今後も存在し続けることは間違いありません。不動産、ビデオゲーム、さらにはesportsなど、多くの異なる業界がその貴重な潜在能力を利用しています。このため、専門家は、明るい未来はトークンだけでなく、トークンを販売するマーケットプレイス、特にInfinityとOpenSeaにもあると予測している。 

  1. メタバースの成長

仮想通貨市場とは別に、NFTはメタバースで最も人気があり、最近のキープレイヤーとなっています。これは「メタ」と「ユニバース」のポートマンタオから、いくつかの様々な種類の技術的側面を組み合わせたブロックチェーンを利用した仮想環境のことです。アメリカのメディア王マーク・ザッカーバーグの表現を借りれば、人々が現実の生活で行うのと同じ活動の多くを行うことができる広大な空間です。

信じられないかもしれませんが、メタバースはこの2022年、そして今後を決定づけるテクノロジーの1つになるでしょう。6,000種類以上の資産が流通する仮想通貨市場と比較すると、18億個のトークンの流通で構成されています。2021年12月には438億ドルの市場価値がありましたが、今年の年末にはどの程度まで到達する可能性があると思いますか?引き続き、ビットカジノでは、興味をそそる仮想通貨関連の質問への答えをすべて見つけることができます。 

  1. Web3の登場

DeFi、NFT、メタバースの登場が待ち望まれていたシーンで、今日、Web3のエコシステムが確立されたのです。これは、読み取り専用のウェブと呼ばれるWeb1(静的なウェブサイトや個人サイトなど)に始まり、ユーザー生成コンテンツと使いやすさに焦点を当てたWeb2(つまり、私たちが今日知っており経験しているインターネット版)が続きました。

そして今、ブロックチェーン技術に基づいたワールドワイドウェブの新しい反復のためのアイデアであるWeb3が作られつつあります。言い換えれば、私たちは、人々が自分のデータの完全な所有権を持つ、真に分散化された、トークン・ベースの経済、そしてパーミッション・レスのインターネットを目撃することになるのです。 

Cashaback
chevron-downcross-circletext-align-center